タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビと熱帯魚と気まぐれ日記



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

60cmレッドビーシュリンプ水槽

2009.07.14(23:26) 2

まずは、うちにある水槽を紹介していきたいと思います。
これが60cmレッドビーシュリンプ水槽!今年(2009年)の3月に立ち上げました。
60レッドビー水槽090624

■60cm規格水槽
・フィルター:上部ろ過&投げ込みフィルター
・底床:コントロソイル(ノーマル)の上にアマゾニア(パウダー)
・水草:カボンバ、アナカリス、グリーンロタラ、グロッソスティグマ、ルドヴィジアにウィローモス、南米ウィローモス竹炭ハウス、リシアマットなど・・・熱帯魚をはじめたばかりでいろいろ試したくなり水草水槽とエビ水槽をごちゃまぜにした一貫性のない水槽になってしまいました。
・生体:レッドビーシュリンプのみ・・・オークションと近所の熱帯魚ショップで購入した約30匹からスタート

3月に立ち上げた時はコントロソイル(ノーマル)のみを敷いていたのですが、エビが抱卵して20日以上経っても一向に稚エビが見られず、どうやらソイルの粒が大きすぎて稚エビが潜り込んで★になっていると判明!急遽アマゾニアパウダーを上に敷いてみたところ5月辺りから無事稚エビが見られるようになりました。
その後、抱卵ラッシュがあり稚エビの数が120匹以上にまで増えましたが、ミロネクトンやミネラサプリといったミネラルの過剰投入が原因なのかpHが7.5近くまで上昇し、親エビがポツリポツリと★になり(アマゾニアはアルカリ性になるとアンモニアを放出するため)最初から残っている親エビは5匹くらいになってしまいまし(T_T)。pHの方は毎日の水換え(これも家の水道水がpH7.4くらいあるためあまり効果なし)に加えて、ピートモス(酸性)を通過させた水やレモン汁を加えた水で足し水して、なんとかpH6.7くらいまで下げる事ができました。この甲斐あってか★はなくなったように思えます・・・単に★になりやすい親固体が減っただけかも!)
未だ予断を許さない水槽なので、近々別の水槽に選別した固体を移して危険を分散させる予定です。
スポンサーサイト

エビと熱帯魚と気まぐれ日記



<<60cm3分割未確定水槽 | ホームへ | ブログスタート>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aquashrimp.blog47.fc2.com/tb.php/2-deb67d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。